ブログカスタマイズのブログ

HOME > サイドメニュー > カテゴリを複数に別ける
【ねこ男爵さんのコメントはこちら】
カテゴリを複数に別ける方法です。

最終日のゴッゴルミニ暦を例に説明します。ゴッゴルミニ暦では「SeesaaブログでSEO」と「プチSEOコンテスト ゴッゴルミニ」の二つのカテゴリを作りました。

■ 1つ目のカテゴリコンテンツを追加&編集します。

作業1 - コンテンツのタイトルを「SeesaaブログでSEO」にしました。
作業2 - 当ブログのカテゴリで紹介している方法で「HOME」へのリンクと「SEO対策の基本」「コンテスト向けSEO対策」の2つのカテゴリを表示させました。

<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<a href="<% blog.page_url %>">HOME</a>
<% content.header -%>
<% loop:list_category -%>
<% if:category.name eq 'SEO対策の基本' %>└<a href="<% category.page_url %>"><% category.name | tag_break %></a>(<% category.article_count | __or__ | echo("0") %>)<br /><% /if %>
<% if:category.name eq 'コンテスト向けSEO対策' %>└<a href="<% category.page_url %>"><% category.name | tag_break %></a>(<% category.article_count | __or__ | echo("0") %>)<br /><% /if %>

<% /loop -%>
<% content.footer -%>
</div>

■ 2つ目のカテゴリコンテンツを追加&編集します。

作業3 - コンテンツのタイトルを「プチSEOコンテスト ゴッゴルミニ」にしました。
作業4 - 「プチSEOコンテスト」「Googleヒット件数履歴」のカテゴリを表示、「コメント・トラックバック」へのリンクを作成しました。

<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
<% loop:list_category -%>
<% if:category.name eq 'プチSEOコンテスト' %><a href="<% category.page_url %>"><% category.name | tag_break %></a>(<% category.article_count | __or__ | echo("0") %>)<br /><% /if %>
<% if:category.name eq 'Googleヒット件数履歴' %>└<a href="<% category.page_url %>"><% category.name | tag_break %></a>(<% category.article_count | __or__ | echo("0") %>)<br /><% /if %>

<% /loop -%>
└<a href="○○○">コメント・トラックバック</a>
<% content.footer -%>
</div>

ゴッゴルミニ暦では画像を使わずに「└」を用いました。なのでスタイルシートの追加は行っていません。

このブログはカテゴリが短いので使っていませんが、他のブログは大半でこの方法を使っています。お気に入りのカスタマイズです。

追記:
「情報系」のカテゴリコンテンツを次のように変更してお試し下さい。

<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
<% loop:list_category -%>
<% if:category.name eq '会話編' %><a href="<% category.page_url %>"><% category.name | tag_break %>(<% category.article_count | __or__ | echo("0") %>)</a><br /><% /if %>
<% /loop -%>
<% content.footer -%>
</div>
00:19 | Comments(15) |
この記事へのコメント
2005年08月04日
どうもわざわざありがとうございました。
質問があるのですが、自分は自動でツリー化しているのですが二つ目のカテゴリも自動でツリー化できるのでしょうか?

Des notes de KOHtanさんのところで紹介されていた方法です。

お願いします。
Posted by ねこ男爵 at 14:33
2005年08月06日
ねこ男爵さん、こんばんは。

Des notes de KOHtanさんのJavaScriptを見てみました。おそらく、

tree(”SeesaaブログでSEO”,”左”);
tree(”プチSEOコンテスト ゴッゴルミニ”,”左”);

のようにtree( )を2つ書けばできるのではないでしょうか。すみません、JavaScriptはあまり詳しくないので絶対出来るかどうかは不明です・・・。多分出来ると・・・。
Posted by 管理人 at 01:28
2005年08月06日
やってみたんですが…
二つ目のカテゴリに追加したいカテゴリを
記事カテゴリに追加してから
上記のようにやってみたんですが
どうしても一つ目のカテゴリコンテンツの方に入って
しまうんですけどやっぱり自動では
無理なのでしょうか?
Posted by ねこ男爵 at 15:01
2005年08月06日
ねこ男爵さん、こんにちは。

試しにカテゴリの2重化&自動ツリー表示を試したら動きました。おそらくどこか設定が間違えていると思うのでURLを教えてもらえればアドバイスできると思います。ちょっと見ないと原因が特定できないです。
Posted by 管理人 at 15:59
2005年08月06日
すみません。すっかり載せるの忘れてました。
追加したカテゴリ名は「会話編」ってのなんですけど
下の情報系って方に入れたいのですが…
アドバイスお願いします
Posted by ねこ男爵 at 16:45
2005年08月06日
ねこ男爵さん、こんにちは。ブログ拝見しました。まず、カテゴリコンテンツが正しくカスタマイズできてないようです。

■ Category ⇒ 全カテゴリが表示されているようです

「会話編」だけを「情報系」に表示したいのでしょうか?それならば、
http://www.blogcustomize.com/customize_hide_category.html
を用いて「Category」の「会話編」を隠す方が楽かもしれません。

■ 情報系 ⇒ 1つも表示されていないようです

↑記事本文に追記しました。もう一度カスタマイズを見直して下さい。

あとカテゴリのツリー化スクリプトも少し間違いがありました。

tree(”Category”,”左”);
tree(”情報系”,”左”); // ← 「情報系」に修正

です。まずはカテゴリコンテンツのカスタマイズをご確認下さい。
Posted by 管理人 at 19:20
2005年08月06日
記事カテゴリの「会話編」のカテゴリの表示順を
変えたら出ました。
今までは一番下になるようにしてたんですけど
一番上に表示順を変えたら出ました。

どうもありがとうございました。
丁寧な説明でとてもわかりやすかったです。
これからも利用させていただきますね。
Posted by ねこ男爵 at 20:24
2005年08月06日
ねこ男爵さん、こんばんは。

出来てますね!ひょっとすると再構築が上手く行ってなかったのかもしれませんね。ともあれ出来てなによりです。また遊びに来て下さい!
Posted by 管理人 at 20:54
2005年12月17日
本日こちらにたどりつき、参考にさせていただきながら色々勉強を解しさせていただきたいと思います。宜しくお願いします。

早速なのですが、カテゴリの中に記事カテゴリを入れる方法ではなく、複数のカテゴリを作り、そこに別々に記事カテゴリを追加したい場合どうしたら良いでしょうか。

例えば
カテゴリ「果物」
記事カテゴリー「りんご」「みかん」
カテゴリ「野菜」
記事カテゴリ「大根」「きゅうり」

のようにしたいのですが、可能でしょうか。

貴サイトですと、「カテゴリ」のバナー?の下にメニューがツリー型になっておりますが、その「カテゴリ」をいくつかわけてそこに記事カテゴリを入れられたらと思います。

宜しくお願いします。
Posted by みみ at 17:24
2005年12月18日
みみ様

デザイン>コンテンツの中に『新しいコンテンツの追加』という項目があります。
その中の「種類」に『カテゴリ』という項目がありますので、それを必要な数だけ追加すればよいかと思います。
カテゴリを追加したらカテゴリ毎にここの記事の内容を繰り返して適応すると、ご希望の通りになると思いますがいかがでしょうか?

ちょっといい例が浮かばなくて他サイトを勝手にご紹介しますが、
下記URLのサイトでは『カテゴリ』を複数作成してその中にいろいろな記事カテゴリが入れられているのが分かります。
http://sweetsfactory.seesaa.net/
Posted by イタチ at 16:54
2005年12月20日
アドバイスありがとうございます。
参考ページを拝見させていただきました。
そうなんです、あの通りな感じを希望しています。
ソースも見てみましたが、コピペしてもどこを入れ替えてよいものかと、スタイルシートの方もいじらなければダメなのですよね?(^^;

実はご説明いただいたとおり、種類「カテゴリ」を複数作ってあるのですが、「記事」「記事カテゴリ」を開くと、最初からあった「カテゴリ」の中での記事カテゴリーの画面しか出てこないのです。どこかにドロップダウンメニューとかあるかも探してみたのですが見つかりませんでした。ヘルプなども探し回っているのですが、全くそれらしいものがなく困ってしまいました。
とりあえず、参考のブログのように、細かなデザイン変更は難しいので、テンプレートは既存のホワイトを使ってカテゴリーだけでも希望のように設定できればと思っています。
お手数ですが、またアドバイスをいただけますでしょうか。
宜しくお願い致します。
Posted by みみ at 18:45
2005年12月21日
みみさん。

「デザイン」>「コンテンツ」>「新しいコンテンツの追加」で『カテゴリ』を複数作成したとしても、「記事」>「記事カテゴリ」で表示されるのは全てのカテゴリです。

つまり、
記事カテゴリをA、B、C、D、Eと作成しておいて、
カテゴリ1、カテゴリ2の二つに振り分けて表示させたいときは
 ・カテゴリ1にA、C、Eを
 ・カテゴリ2にB、Dを
という風に自分で振り分ける事になります。
この振り分ける際には、本記事のif文による分岐を行わないとうまく表示されません。

ちなみに・・・。ご紹介したサイトは19日にものすごい大掛かりなスタイルの変更があったようです。もはやGoogleキャッシュでしか残っていないですね・・・。
http://72.14.203.104/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=SNYA,SNYA:2004-47,SNYA:ja&q=cache:http%3A%2F%2Fsweetsfactory.seesaa.net%2F
Posted by イタチ at 22:52
2006年01月15日
最終日のゴッゴルミニ暦のソースと照らし合わせながらもやってみましたが、何度やっても成功しません。
ご面倒だと思いますが、どなたかお答えいただけたらありがたいです。

@blog.page_url に自分のブログのURLを入れる
Acategory.page_url に該当のカテゴリURLを入れる
B各カテゴリのURLはどこから取れば良いのでしょうか。「作業2」を行う前に、一旦「記事カテゴリ」を必要なもの全て追加しソースでURLを拾ってから、作業2に入るのですか。

Bのように行いったところ、表示されないので記事カテゴリを一旦全て削除し、カテゴリ表示だけはできました。でも記事を書いたところ該当のカテゴリに入らず、またどこにも入っていませんでした。
作業2で行ったものを全て削除して初期設定に戻し、再度カテゴリを同じく追加したらその形で、該当のカテゴリに入りました。

編集箇所が間違っているのでしょうか。
Posted by みみ at 01:53
2013年05月24日
Hi there, You've done a great job. I窶冤l definitely digg it and personally recommend to my friends. I'm confident they will be benefited from this website.
Posted by air jordan shop at 12:36
2013年06月04日
I have been surfing online more than three hours today, yet I never found any interesting article like yours. It窶冱 pretty worth enough for me. Personally, if all website owners and bloggers made good content as you did, the net will be a lot more useful than ever before.
Posted by air max pas cher chine at 03:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。